IMG_20191029_174346

ロッドビルドをする上で、ボクが絶対に譲れないのはカッコいいデザイン
※自分がカッコいいと思えるかどうかだけを考えている。

だから、デザインを妥協しなきゃいけないくらいなら、軽量化とかバランスは捨てる。

最初からこういう考えだったわけじゃなくて、何本もロッドを作ってきて固まってきたものなの。

同じチタンティップ長で、同じブランクのレングスで同じリールシートを組んだ場合、使用するエポキシの種類や量、接着方法など、多少の差はあれど、同じ材料で組んだロッドの性能に大きな差は出るのだろうか?
ボク自身は、大した差は無いと思ってる。
人間感度が低いからかも(ノД`)
※アーバー位置やガイドセッティングは多少差が出ると思ってる。

IMG_20191022_162817

同じ性能のロッドなら、軽さよりもバランスよりも、自分がカッコいいと思う方が良い。
見た目が気に入れば、それだけで性能が3倍増しになった気分で幸せになれるんだから。

だからデザイン重視でロッドビルドしてるのよ。
そんなロッドのデザイン、パッと見て印象が決まるパーツはリールシート

IMG_20191022_162903

最近ではDPSのスケルトンを組むことが多いけど、最初からそうだったわけじゃない。

今回は、そんな自作リールシートたちを振り返ってみることにしよう。

IMG_20191029_174412

初期はIPSセパレートグリップ

90fbc68e-s

20160911_105943

これは、処女作をリビルドしたもの。
フード部のスクリューを見せないようにする作りは、この頃から継承されている。

20170130_124316_noexif

20160901_090444

20170601_191536

昔はIPSやVSSのリールシートで沢山作っていたもんだ。
ブログとかやってなかったから殆ど写真撮ってないけど…。

この頃は、市販のリールシートに少し手を加えるので精一杯。
でも、1つ1つが刺激的でロッドビルドライフが楽しくて仕方なかった。

初めてのスケルトンリールシート

ロッドビルド KSKSSスケルトン

20170123_081941

ロッドビルドにある程度慣れてきたら気になるのがスケルトンリールシート。
初めて作ったスケルトンリールシートはKSKSSを使ったリールシート。

軽くなると思っていたのに、コテコテにワインディングチェックを付けてIPSよりも重くなってガッカリしたよ(ノД`)

スクリューを締めたときに、リールフットがベストな位置で止まるようにする調整に苦労したのを覚えている。

DPSスケルトンに手を出す。軽量化へ。

20170109_213016

DPS CUSTOM

DPSスケルトンに手を出すようになってからすぐに軽量化に興味を持って、カーボンロービングフードに手を出した。

20170214_230716

20170313_002153

DPSスケルトン custom

20170322_095904

個性を出そうと、レジンにシェルやラメパウダーを入れたりして色んな事に挑戦した時期。

今見てみると、下品なデザインで恥ずかしい(ノД`)

20170331_233425

まだまだこの頃はセパレートグリップしか頭になかった。

20170410_230558

DPSスケルトン custom KN Ver.

このタイプのDPSスケルトンは、かなりの数を作ったもんだ。

20170622_230109

20170622_225030

20170702_000755

20170704_124938

20170902_003237

この時期はカーボンロービングフードばかり作っていたなぁ…。
そして、この頃に気付き始める。
エンドって邪魔じゃね?

超ショートエンド誕生

20170929_155028

20170929_153913

元祖、ショートエンドロッド。
一応セパレートなので、面白いデザイン。

ちょっとエンドがデカすぎるよな。
もう少し小さくしたら、スマートになっていたかもしれないのに。

【X5915】超操作感度特化型ショートロッド、潮楽(ちょうらく)完成【マグナムクラフト】

20171003_222040

20171003_222204

20171005_074733

20171121_121324

ショートエンドの良さを体感し、静のアジングがとても楽しくなった時期。

ただ、いまいちデザインがしっくりこないのであった…

リールシート一体型ショートエンド誕生

IMG_20191101_093544

IMG_20191101_093611

IMG_20191101_093711

初代のリールシート一体型ショートエンド。
今はもう見慣れてしまったけど、完成当時は周りから笑われそうだと心配だった(^^;)

【AJX5917】超ショートエンド一体型リビルドロッド、潮楽(ちょうらく)中硬鰺竿完成【マグナムクラフト】

手の中に全てがおさまるこのグリップは、今となっては手放せない存在。

この頃からカーボンロービングフードを使わなくなる。
フィット感とか劣化とか剛性とかガタツキとか、理由はいくつかあるんだけど、カーボンロービングフードは、美しさを保つにはとても難しい事に気付いたのが一番の理由。

長く使っていると伸びてくる。
そして、ベストな位置でのリールシート固定が出来なくなるんだよ。
美しくない。

ガンダムシリーズで遊び始める


DSC_0032_CENTER

DSC_0036

DSC_0034

これは、ユニコーンガンダム2号機のバンシィ仕様。

マグナムクラフトX5915でバンシィ仕様のアジングロッド完成。ガンダム好きロッドビルダーにオススメのデカール活用術

ゴツゴツ感があるデザインが好みだから、イメージ的にガンダムにピッタリ。

昔、ガンプラ作りにハマっていたことを思い出してガンプラのデカールを流用してみた。

DSC_0202

DSC_0205

IMG_20191101_094001

デルタプラス仕様も作ってみた。

マグナムクラフトLGS5917のリビルドアジングロッド。デルタプラス仕様にて復活を遂げる。

現役でまだまだ活躍中。

DPSスケルトン派生タイプ

今となってはDPSのスケルトンって、ロッドビルドする上でのスタンダードなリールシートのイメージ。

「他と違う個性」を求めて、あれこれやってみた。

DSC_0313_CENTER

DSC_0351

IMG_20191101_094357

SKSSを改造したバージョン。
コイツもガンダムシリーズの1つで、グフをイメージしてるね(^_^)b

リビルドロッド、マグナムクラフトAJX5919完成。潮楽とは違うのだよ。

IMG_20191101_093750

IMG_20191101_093800

IMG_20191101_093830

これはVSSを改造したバージョン。
実はこれ、メガバスの礁楽リミテッド2015年モデルをスケルトンタイプにカスタムしたイメージで作ったんだ。

“潮楽”X5915 Ver.VSS リビルドロッド完成。

今でも大のお気に入り。
また作りたいリールシートだね。

依頼品に着手する


DSC_0580

DSC_0576

DSC_0577

自分のロッドだと、トラブルがあってもすぐに手直しできるけど、他人のロッドはトラブル時にはすぐに対応出来ない。
耐久性を考えると、エポキシ接着剤の量や補強を多めにしたり、考えることが増えた。

"潮楽"マグナムクラフトAJX5917 シグネチャーモデル完成。納品前の記念撮影。

市販品ロッドの接着剤が多いのも、今となってはとても納得できるんです。

DSC_0723

DSC_0725

DSC_0727

DSC_0737

分離しないカーボンロービングフードも、横方向だけの補強なので耐久性に不安は有ったけど、半年以上経った今でも問題無くキレイな状態を保ってくれている。
アジング程度ならなんとかなりそうだ。

“潮楽”マグナムクラフトX5915 シグネチャーモデル Black Editionの出来上がり。

心配していた「美しさ」も、透き通るコーティングと剛性が持続している。
コーティング剤の変更とロービングの処理法方、エッジ部の適切な処理で今のところ耐久性もクリアできるようになってきたかな?

ただし、手間が掛かる(ノД`)

IMG_20190408_143546

この作品あたりから、リールシートトップ部を長く取るように変更。
デザイン的にもバランスが取れて好きだし、ブランクを強く触りすぎないようにするためにちょうど良い長さ。

IMG_20191018_080118

IMG_20191018_075950

IMG_20191018_080006

黒ベースってカッコいいな( ´艸`)

細かい部分だけど、エンドのデザインは今のところコレが一番好き。
カーボンリングを加えるだけで、ゴツゴツ感が増してカッコ良くなる。

アジングビルドロッド。“潮楽”マグナムクラフトR8326 シグネチャーモデル完成。

直線と曲線が混ざり合うデザインが個人的に好きなんです。
曲線は、コーティングで表現するのがポイント。

IMG_20191022_161433

IMG_20191022_161500

IMG_20191022_161533

初めて作ったロングエンドバージョン。
エンドが長いと野良ったいデザインになりがちなところを、長さの比率を見ながら起伏を作ってまとめてみた。
人間が美しいと思う形には黄金比が有るみたいだよ。

マグナムクラフトLG5917とAJX5917で自作した依頼品アジングビルドロッド。

ダブルハンドキャストができるギリギリの長さ。

遊び心を大切に

同じモノを作り続けていると飽きてきて刺激が無くなるので、少しでも違う箇所を追加するようにしている。

DSC_0817

コレなんか、手の中におさまって握り心地最高なんだけどな。

エンドグリップもブランクの廃材で。カーボンエンドで個性を出そう。

そして最近は…

IMG_20191029_222504

IMG_20191101_143414

EVAを鋭角にカチッと削れる砥石を見つけて、久々にテンションが上がった。

IMG_20191101_095013

IMG_20191101_095039

IMG_20191101_095131

今手がけている2本は、少し遊び心を入れてみようと思ってる。

何年もかけてロッドビルドをしていると、自分の好みの変化と共にリールシートのデザインも変わってきているのが良くわかって面白い。

最近は少しロッドビルドに追われて疲れてきている部分もあるけど、落ち着いたらまたIPSやVSSで自分用のグリップを作ってみようかな。

自分の中の譲れないモノを追求して、ロッドビルドを楽しみましょう(^_^)ノ

それでは、素敵なFishing Lifeを!