ボクはジグヘッドはタングステン信者です。

同じ重さの鉛のジグヘッドとタングステンジグヘッドの大きさを比べると、タングステンの方が小さくなる。

IMG_20191019_214543

これは、上が自作タングステンジグヘッドの1.5gで、下がアジデント(鉛)の1.3g。

タングステンの方が重いのに、気持ち小さく見える。

小さい方が、風や潮の影響を受けにくくなって、飛距離が伸びたり潮に流されにくくなる。

実際に、鉛の同じ重さと比べて何メートル飛距離が伸びて、何秒で何メートル潮の影響に違いが出るのか。
何秒沈下速度が早いのか。
そんなのは状況によって変わるから知らない。
釣果に差が出るのか?
出ないと思う。

じゃあ、何でタングステン使ってるのかと聞かれると…

「タングステンっていう響きが好きだから」
「安心感」
「なんとなく」

適当だな…(ノД`)
鉛は環境に悪いとか、そういう意識高い感じじゃないです(ノД`)

気に入ったもの、信じているもの、好きなものを使っている時は、レンジを探ったりバイトを察知する時の集中力が高まる。
コレが一番大事(^_^)b

そんなタングステンジグヘッド、昔は数種類有ったのに、今ではダイワしか見なくなってしまった。

市販のタングステンジグヘッドを購入すると、3個入で4~500円。

太刀魚にスパスパ切られたりすると、萎えてくるんですよ。

そこで、コスパ良くタングステンジグヘッドを自作して、太刀魚に切られても精神的に凹まないようにしよう。

自作タングステンジグヘッドに必要なもの

IMG_20191018_213355

タングステン・丸型(穴は縦スリットタイプ)フライタイイング用ビーズ (ゴールド)
タングステンのビーズ。
最近は1.5gをメインで使うので、サイズは5.6mm。
20個入って710円。
ちなみに、ラウンド型とクリフカット型がある。
クリフカット型は、ミラーボールみたいな感じだから、コレ使うとノリノリのアジが釣れるらしい。
好みでチョイスしよう。


IMG_20191018_213419

オッズ(odz) レンジクロスフック 10本入り (S・6号)
シャンク長、ゲイブ、軸径など、みんな大好きレンジクロスフック。
10本入りで330円。


IMG_20191018_170515

ダイソーのハンダ。
0.8mmの細いヤツじゃないとダメだよ。

IMG_20191020_221826

あとはハンダごて、ペンチ、ピンセットを用意。

自作タングステンジグヘッド作成手順

まずは重さの確認から。
タングステン部の重さは、約1.3g。

IMG_20191018_213622

レンジクロスフックも合わせると、1.4g。

IMG_20191018_213636

タングステンビーズは、縦にスリットが入っていて、奥には丸穴が空いている。
写真じゃわかりにくいけど。

IMG_20191018_213849

IMG_20191018_213907

奥の丸穴にフックを通して。

IMG_20191018_214000

ラインアイの部分をスリット部まで持ってくる。
この時点ではグラグラしてて固定されていない。

IMG_20191018_214037

タングステンビーズとフックをハンダで仮止めする。
まずは適当な長さにハンダをカットして。
カットするときはニッパーが有ると便利。
ペンチでも問題なし。
(長めにカットしておいた方が良い)

IMG_20191018_214111

スリット部から丸穴にハンダを通す。
丸穴には既にフックが通っているので、少し強めにハンダを押し込む感じ。 

IMG_20191018_214158

シャンク部に少しハンダが見えるくらいで。
そしたら、余っているハンダを、スリットの部分に押し込んでいってフックとタングステンビーズを仮固定していく。

IMG_20191018_214259

ハンダを上に曲げて、ピンセットの先などでスリット奥にギュッと押し込む。

IMG_20191018_214338

今度はハンダを下に曲げて、スリット奥にギュッと押し込む。

IMG_20191018_214434

また上に曲げて押し込む。

IMG_20191018_214559

最後は下に押し込む。
こんな感じで仮止め完了。

ハンダのイメージは下の写真のイメージ。
(ピンクの線がハンダをイメージ。曲げる度にスリット奥にピンセットの先などで強く押し込んで固定していく)

IMG_20191019_085317

仮止めができたら、ハンダを熱で溶かしてフックとタングステンビーズを固定していく。
熱くなるから絶対にペンチなどで固定しましょう。

IMG_20191018_214636

タングステンビーズをハンダごてで熱くしてから、ハンダを溶かすようにするとハンダが馴染みやすい。
コツを掴むまでは上手く行かないでイライラするかもしれないけど、コツを掴むとサクサクと進められるよ。

IMG_20191018_214737

スリット側のハンダを溶かし終えたら、次はシャンク部(丸穴)に飛び出したハンダの後始末。

IMG_20191018_214816

飛び出しているハンダを、ハンダごてで溶かして丸穴に馴染ませる。

IMG_20191018_214843

これで完成。

IMG_20191018_215744

IMG_20191018_215842

重さを計ってみると、ピッタリ1.5g。 
この自作タングステンジグヘッドはあまり誤差が出ないイメージ。

IMG_20191018_213703

フックとタングステンビーズを瞬間接着剤で仮止めして、エポキシ接着剤やメタルロックをスリットに流し込んで固定する方が安全に出来ると思います(^_^)b

硬化時間待ちが面倒なときは、ハンダが楽チン。
ただ、かなり高温になって、使用後もしばらく熱を持っているので取り扱いに慣れていない人はハンダよりも接着剤が良いと思う。

市販のジグヘッドを、3個400円で考えるとジグヘッド1個あたりの単価は133円。

上記の自作ジグヘッド(1.5g)は、20個作成したとして、ジグヘッド1個あたりの単価は73.5円。
※ハンダごてとペンチの金額は入れてません

ちなみに、1サイズ小さい4.6mmを利用すると、0.9~1gで作れます。
4.6mmは、100個で2200円なので、更にコスパは良くなる。

悪天候で釣行を諦めたり、用事のない休日などに、ロッドビルドしたり自作ジグヘッドを作り貯めして過ごすのも悪くないもんです。

すでにやってる人も多い自作ジグヘッドですが、まだやったことが無い人は是非挑戦してみてください(^_^)b




それでは、素敵なFishing Lifeを!