ナイロン筆、攪拌棒、カップ、エポキシコーティング剤、接着剤…
ロッドビルドをしていると、知らず知らずのうちに減っていく様々な消耗品たち。

「あれ?もう買い足さないと無くなっちゃうわ(ノД`)」

そんな消耗品たちだけど、何気に積み重なると高くつくんですよね。

筆とかカップとか、毎回洗って使い回している人もいるけど、面倒くさがりのボクは筆もカップも使い捨て。

少しでも消耗品たちの費用を抑えるべく、節約になってるんだかなってないんだか良くわからないけど、「コスパいいんじゃない?」って感じた百均アイテムたちをご紹介するコーナーです。

ロッドビルドしない人は、この記事見てもつまらないと思うよ。

ナイロン筆

IMG_20191016_212620

コレはもう定番ですね。
ロッドビルダーの心強い味方。
ダイソーのナイロン平筆4本セット。
昔は5本入ってたんですよ。
しかも、時々店頭に並ばなくなるときがあるので、定期的にまとめて買って、ストックを無くさないようにしています。

IMG_20191016_212707

サバロなどに売っている専用の筆は、3本で200円ちょっと。
百均の筆との違いがわからない鈍感なボクにはコレがちょうど良いんです。

主にコーティングの時に使う筆なので、馬とか豚とかの動物の毛系は、脱毛してしまうので非推奨。
せっかくのキレイなコーティングの中に、毛が入ったら台無しだもん(ノД`)

豚の毛は抜けにくいけど、基本はナイロンの平筆一択。
すでに使っている人も多いはず。

細いのから太いのまで、上手く使い分けるとキレイなコーティングにも繋がります。

攪拌棒

IMG_20191016_213149

2液製のエポキシを混ぜるときって、何で混ぜますか?
割り箸とかの木製のものを使うと、気泡が入りやすい気がするんですよね。
サバロとかで売ってる混ぜ混ぜ棒は、25本で300円ほど。

違いのわからないボクは、プラスチック製のマドラーを愛用しています。
コイツもダイソーのマドラー。

IMG_20191016_213234

穴があいているからか?
軟らかくて柔軟性が有るからか?
ゆっくりと長時間攪拌しても、気泡が入りにくい気がして重宝してます。

IMG_20191016_214333

これといった攪拌棒が決まっていない方は、是非試してみてください。
100円で、150回分攪拌できます。

そんなに使わないって?
いやいや。
ロッドビルド、ハマると意外と無くなるの早いから( ´艸`)

冬場に釣り場で暖かいコーヒーやスープを飲むときにも使える(^_^)b

攪拌用のカップ

IMG_20191016_212729

ロッドビルド用で売られているカップは、5個で100円とか。
Seriaで売ってるこのカップは、25個で100円。

IMG_20191016_212900

IMG_20191016_213023

文句なしでしょ。
手でしっかりと握りながら2液コーティング剤を攪拌すると、手の熱で温めながら攪拌できる薄さ。
特に拘りがなければ、コレでじゅうぶん。

チャック付収納パック

IMG_20191016_213345

ワインディングチェック、ガイド、デカール、カーボンリングやアーバーなどの細かいパーツ類を分けておくために使ったり、エポキシ接着剤の攪拌用の台紙に使ったり、瞬間接着剤を垂らしておく台紙に使ったり、使用用途は幅広い。

IMG_20191017_225907

色んなサイズが45枚。
ホームセンターとかなら、もう少しコスパが良いものが有るかもしれないけど、使い回し出来るから無くなるペースもそんなに早くない。

知り合いにデカールを作成してあげるときにも重宝してる。

まとめ

主に、コーティングに使う消耗品が多かったですね。

消耗品以外でも利用している百均の小物類やツール類は有るけど、今回はあくまでも「消耗品」という括りで紹介しました。

手軽に購入できる百均アイテムなので、気になった方は是非利用してみてください。

それでは、素敵なFishing Lifeを!