さて、ロッドビルドの最後の難関、ネームコーティング。
昔に比べたら上手くできるようになったけど、相変わらず難しい。
一番気を使う難しい工程だと思う。

この作業をちょちょいとキレイにやってのけるビルダーはホント尊敬する。
ちなみに、ボクは厚めのコーティングが好みなのでスプレーは使いません。
ネームデカールをコーティングで閉じ込めているあの見た目が好きなんです。
多少の重量増なんか気にせず見た目の好みを取ります(^_^)b

長尺コーティングは、コーティング剤の粘度が出来映えを左右する?

ボクが最終コーティングで愛用しているコーティング剤はFLEXCOAT(フレックスコート) ライトフォーミュラ F2SL
サラサラとまではいかないけど、最初は粘度が低めで塗りやすく、短い時間で粘度が高くなる。
ただし、最終的な硬化までの時間は24時間以上掛かるイメージ。

2液を混合してしっかりと攪拌させると、20~30分くらい経つと結構ネバネバになって糸を引くレベルになる。
ただ、そこから硬くなるまでは半日くらいかかるかな。

ボクのコーティングをする順番は、
  1. バットガイドからトップガイド
  2. メインバット部
  3. リールシートの中間
  4. ロッドエンド部
という順番で行う。
これは、今までの経験と沢山の失敗から自然にこうなった。

ただし、一回目のコーティングでリールシート周りのスレッド部や、ガイドのスレッド部の薄いコーティングは済ませている。
一回のコーティングで済ませようとしても、コーティング剤の粘度が上がってどうしても上手く出来ないから2回に分けることにした。

コーティング前と後の写真はこちら。
上がコーティング前で、下がコーティング後。

DSC_0551

DSC_0565

写真で見てもわかりにくいけど…
リールシートはこちら。
同じく上がコーティング前で、下がコーティング後。

DSC_0552

DSC_0566

写真じゃ違いが良くわからん(ノД`)
実物を見ると、その差は歴然。
ネームを入れて、コーティングがキレイに決まると、やっとロッドに魂が吹き込まれるというか、華々しくなるのです。

コーティングをするときに心掛けているのは、「上手く塗ろう」じゃなくて、「上手くリカバリーしよう」。
一発で上手くいく事ってそんなに多くなくて、上手くできたと思っても時間が経つと凸凹してきたりする事はしょっちゅう。
なので、リカバリー用にヒートガンとターボライターを使い分けてます。
使い方は…もう感覚。
局所的な部分はターボライター、広範囲でコーティング剤を柔らかくしたい場合はヒートガン。
ヒートガンは、当てすぎると熱で部材を痛めてしまうからかなり気を付けて使った方が良い。

リカバリースキルが身に付くと、何かしらのトラブルが発生しても、対処の仕方がわかるから焦らないし落ち着いて対応できる。

何でもそうだよね。
失敗しないようにすることよりも、失敗した時の対処法を身につけた方が自分のためになる(^_^)b
身体で覚えていきます。

重ね塗りとタップリ塗ることでコツを掴むネームコーティング。

「軽く仕上げたいからコーティングも薄くしたい」
「薄くキレイに仕上げたい」
これは、ボクにとっても課題。
難しいんだよ。

薄く仕上げようとすると、どうしてもコーティング剤を弾いてしまう箇所が出てきてエクボが出やすい。
あとは、粘度が低いサラサラのコーティング剤は弾きやすい。

自分にとって塗りやすい粘度を見つけるまでは失敗しよう。
失敗したらまた上から塗り直せばキレイに仕上がるから恐れずに。

適度な粘度でタップリと厚めにコーティング剤を塗ると、弾きにくくなってキレイに仕上がりやすくなるよ。

ボクは、音楽を聴きながら作業をする事が多いんだけど、コーティング剤の攪拌で1曲、その後も1曲分寝かせてからコーティングを開始するというマイルールがある。
そうすると、だいたいいつも同じ粘度でスタートできる。

DSC_0568

ちなみに、上の写真は1回ボコったコーティングを、そのままで更にコーティングをしてヌルテカにした。
一回ボコったくらいで落ち込まなくても、次のコーティングで完璧に仕上げてやれば良いのさ。
究極に軽さを求めるには重ね塗りはしない方が良いけどね(^^;)

あとは、硬化不良を起こさないように冬場のコーティングは気温に注意すること。
20℃を切ると硬化不良を起こしやすいと言われているから、焦らずに作業するタイミングを選びましょう。

さて、次は完成品の御披露目かな?
自分で言うのもバカみたいだけど、このロッドカッコいい…(笑)
しっかりと硬化しますように。

それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。