年々寒さに弱くなっていって、釣りに行く気がおきない。
デイだけ狙って行こうかとも思ってるけど腰が重いな。
外房遠いし…(ノД`)

作成中のロッドができたらロッドテストには行かないといけないから、初釣りはその時だろう。
絶賛ストック品消費期間中だから釣具屋に行って買うものも無いし、ロッドビルドに明け暮れるしかない。

あっ、クリスマスにサンタクロースからクーラーボックスを貰ったんだけど、夏用だから冬眠しておいてもらう。
使える仕様に変身したら記事でも書いてみようかな。

さて、ロッドビルドの続きを見ていこう。

カーボンロービングでラッピングしたガイド部の形成

前回の作業から時間が経ち、コーティングが固まったのでやっと進められる。
コーティングして固くなったカーボンロービング部を削って好みの形に整える。

DSC_0546

DSC_0547

DSC_0548

DSC_0549

最初はダイヤモンドヤスリでガリガリ削って、ある程度形になったら400番→600番と、耐水ペーパーで微調整していく。
これ、カッターで調整すれば、チタンティップ部のガイドスレッド幅が限界ギリギリまで短くできるのよ。
とにかく軽量化を目指すビルダーには、お勧めな方法の1つですね。

ブレードホース部を活用した外見重視のこだわりスレッド巻き。

DSC_0542

DSC_0543

リールシートトップのワインディングチェックからひょっこりと顔を出していたカーボンブレードホース部。
それだけでコーティングしたんじゃあ、芸がない。
黒のスレッドを短めに巻いて、カーボンブレードホースを見せてからのガンメタピンラインでフィニッシュ。
このへんは、ネーム入れを想定したデザインで作り上げていかないとね。

ボクは、一回目のコーティングはスレッド部だけしかコーティングしません。
2枚目の写真のブレードホース部の艶めかしい輝きがわかってもらえるかな(ノД`)
相変わらず写真じゃわからん。
自己満の極み。

デカールを貼り付けてネーム入れ。ロッドに華々しさが出る瞬間。

DSC_0554

いつからだろう。
デカール貼るときに、醤油皿を使うようになったのは…(ノД`)
ちょうど良いサイズなんだよな。

このあたりの工程はもう、ビジュアル的な要素。
性能には関係ないからそんなのいらないって?

いやいや、ボクは見た目は絶対に大事だと思うんだ。
特に、人様のロッドを作るときはかなり重要。

ビジュアルが気に入ったものとそうじゃないものだと、そのロッドを手に取る頻度に影響しないかな?
ボク自身は影響しちゃうんです。
だから、市販品に負けない完成度を心掛けて精一杯頑張るのだ。
たくさん使ってもらいたいし、使い込んでもらいたい。
まぁ、「使い手の為に」とか言っておきながら、結局は自分が作ったロッドをたくさん使ってもらいたいという作り手のエゴだよね(ノД`)

エゴだとしても、その気持ちは大事だと思うんだ。
それが出来栄えに反映される。
結果、作り手も使い手もWin Winである(^_^)b

DSC_0550

DSC_0551

DSC_0552

DSC_0553

コーティング前の段階。
何となく頭の中でデザインを組み立てているけど、貼りながら悩んで変化していく。
この辺はもう、感覚で配置していく感じね。
貼ってみないと判らないモノがたくさんあるから。

「潮楽」って入れて欲しい!と言われたときは嬉しかった(笑)
これでまた潮楽仲間が増える。

ネームが入ると、一気にロッドが華々しくなる。
この瞬間がたまらなく好きだ。

トップコートが乾いたら、最終決戦が待っている。

DSC_0555

DSC_0556

いつも使ってるトップコートは、 GSIクレオス Mr.トップコート 光沢 スプレー 88ml ホビー用仕上材 B501

つや消しとか半光沢は使ったことがないし、コレで不都合が出たこともないし、無くなっても近所の模型屋に買いに行けばすぐ手に入るから使い続けている。

コーティング中にデカールが浮いてくるのを防いで、デカールの段差を無くしてくれるなら何でも良いと思ってる。
特にこだわりは無い。

吹き付ける前に、マスキングテープで養生だけは忘れないようにしよう。
吹き付けすぎると細かい泡で曇っちゃうから、サッと吹き付けるのを数回重ね塗りで。

コレが乾いたら、残すは最終コーティングとの決戦だ。
早く仕事が終わったからやっちゃおうかと思ったけど、今夜は冷え込みが強い。
焦ってコーティングして、硬化不良になったらたまらんので、ここは焦らずタイミングを待とう。

というわけで、完成まであと1工程になったよ。
コーティングの出来で、見栄えは大きく変わってくるので、油断せずにいきましょう。

それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちらをどうぞ。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。