寄り道しながらも少しずつ進んでるロッドビルド。
細かくて気を使ってカーボンやEVAの粉で真っ黒になる地道なパーツ作成作業が終わっても、シビアな接着作業が終わるまでは、隙間時間に他の作業を進める気にもならない。

想像しているデザインをイメージしながらコツコツと進めるのだ。

エンド部は、少しの改良で不安解消。

ボクは、エンド部には必ずラバーパーツを付ける。
ラバー素材は、反響感度を考えると誰しもが避けたい素材だと思うんだけど、ロッドを立て掛けたときの滑り止めや、エンドパーツの傷防止のためにも付けておきたい。
EVAだけだと、傷が入りやすかったり変形するのが心配で(´д`)

これまでのショートエンド一体型リールシートは、アルミリングに直接ラバーパーツを付けていた。
ラバーとアルミは、エポキシで固めると接着強度が少し弱くなる。
一回だけ取れちゃったことがあるんだよ。

DSC_0126

今回は、ラバーの外径を削って小さくして、EVAに埋め込むタイプに変更。
ラバーって、削るのが面倒なんだよ。
臭くなるし。

でも、今は旋盤という強い味方がいるからへっちゃらだぜ。

DSC_0480

ダイヤモンドヤスリを当てるとあら不思議。
いとも簡単に削れるではないか(゚o゚;
ただし、連続して削りすぎると熱でラバーが変形してしまうので、熱くなりすぎないように少しずつ削っていった方が良いよ。

そして、削ったラバーパーツを埋め込むEVAを加工。
これも旋盤使えばくり抜きも余裕さ(´ー`)

DSC_0481

DSC_0483

DSC_0484

DSC_0490

いい感じにできた。
アルミリングとEVAは、接着強度問題なし。

ようやくブランクの出番だ。AJX5917の登場。

DSC_0487

ロッドビルドと良いながら、まだ登場していなかったブランクがようやく登場。
今回はお馴染みのAJX5917です。
B品だけどな(゚ロ゚)

でも、このB品はボクの使ってるB品よりも曲がりも少なく良品だったぜ!
さて、チタンティップを繋ぐとするか。

DSC_0485

回転数MAXでギュイーンと。
ちゃんと水で冷やしながらね(^_^)b

DSC_0488

DSC_0489

調整バッチリ。
エポキシを付けて繋いで、恒例の逆さ吊りでしっかりと固まるまで放置。

DSC_0496

細かいパーツ類の調整や装飾を済ませる。

エンド部のアーバー加工。
外径が13mmのSHBA13でも、内径13mmのカーボンパイプにはそのまま入らないから少し削って調整。
ついでに、好みの長さに切断しちゃえ。

DSC_0494

DSC_0495

あとは、前回寄り道してたフードの形を整える。
このままコーティングするか、ネームを入れるかまだ悩み中…(ノД`)

DSC_0500

あとは、リールシートに飾りのスレッドを巻く。
デザインはコイツでオッケーもらいました。

DSC_0492

DSC_0493

DSC_0498

さぁ、いよいよブランクにリールシートを取り付ける日が近付いてきたぞ。
楽しくなってきた( ´艸`)
でも、チタンとブランクを接着したときは、念の為一晩置いておくのがマイルール。
今日はここまで。

またよからぬ遊び心を思い付いたから、進行はゆっくりしてそうだ…
時間かけて、丁寧に作りながら、新しい要素を少し取り入れていこうと思います。

それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちらをどうぞ。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。