リールとか、ハンドルを変えたところで釣果が変わったりする事は無い。
ドラグ性能によっては少しは影響は有るかもしれないけど、劇的な変化なんて無いと思ってる。
ボクレベルでのアジングではね。

じゃあ、何でハンドルやノブを変えるかって?
軽さとか巻き心地とかフィット感とか、言い訳は良いから正直に言おう。

カッコいいから。

はい。
それが一番の理由です(ノД`)

以前からこのブログを見てくれている方はご存知の通り、ボクはZPIのファンネルが大好きです。

【リール】ZPI シーファンネルでリールも軽量化【ハンドル】
【リール】ZPI ファンネルは、ハンドルノブが惜しかった【ハンドル】

ただ、リールとの一体感の有るカラーリングを気にしちゃう(見た目重視の)ボクとしては、17ソアレに合うカラーのファンネルが無くて、諦めていたんです。

そしたら、1ヶ月ほど前に運命的な出会いが有りました。
その日から、寝ても覚めてもコイツのことばかり…

DSC_0402

ようこそ我が家へ。
それでは、早速付けてみましょう(^_^)b

ZPIファンネルをリール装着後の重量

まずは、17ソアレ500SにZPIのリールスタンドを装着した状態。
ハンドルは純正のまま。

DSC_0401

元々の17ソアレ500Sの重量は、カタログ値で140g。
少し重くなっていますね。

それでは、ハンドルをZPIファンネルに付け替えて計測してみましょう。

DSC_0403

約4gの軽量化で、140gを切りました。
さすがに軽いぜ。
持ってもあまり違いは感じないけどな(゚ロ゚)

市販のロッドを使っていると、この組み合わせは軽すぎてバランス悪くなるね。
ボクは最近バランスを気にしなくなったけど…(゚o゚;

パッケージには、1000~C2000番が適合機種という記載があるけど、17ソアレ500Sでも問題無く装着できましたよ。

ノブはキャップインフラットノブSプレミアムが標準装備

限定カラーじゃ無いファンネルのノブは、「プレミアムライトフィネスノブ」が標準装備だったけど、この限定カラーのファンネルにはボクのお気に入りの「キャップインフラットノブSプレミアム」が標準で付いているところが嬉しい。
シーファンネルと同じだね。
薄いノブだから、人差し指と中指で挟んでクルクルするのが絶妙なんですよ( ´艸`)

DSC_0405

DSC_0404

つや消しのカーボンハンドル。
カッコいい。

完全に自己満の世界です。
これで、メインで使ってる3つのリールのハンドルが揃いました。

DSC_0406

釣り、ロッドビルド、アイテムと、色んな角度でモチベーションが上がりますな( ´艸`)
実に良くない趣味だ。

色々と誘惑の多い年末ですが、皆様もお気をつけください。
それでは、素敵なFishing Lifeを!


※ZPIファンネル 限定カラー"FULL Black"は、キャスティング別注カラーです。