ビッグサイズが爆るアジング。
マメが爆るアジング。
どんなサイズでも爆るアジング。

とにかく「たくさん釣れる」っていうシチュエーションは、誰もが楽しめるアジングですよね(´ー`)
じゃあ、「あんまり釣れない」アジングは?

今回は、最近の釣行の中では「あんまり釣れない」アジングだった。
正確には、今年はちょっと異常で、例年通りになった感じではないのかな?

そんな「あんまり釣れない」アジング釣行。
個人的には好きなんです( ´艸`)

デイアジングどころじゃない

釣友を迎えに行き、荷物を積んで車を走らせる。
快晴、風は弱くてポカポカ陽気と最高のコンディションに自然と2人の顔がニヤける。

駐車場でDくんとその友人と合流して、釣り場に到着。
いやー…気持ちいい(´ー`)

のんびりと準備をしながら釣友と乾杯。
はて、釣友と一緒のアジングなんて、何ヶ月ぶりだろうか?

ヒイカや釣り以外ではこまめに会ってるから、会うこと事態は新鮮じゃないけど、久々に一緒にアジングできるのは嬉しいことだ。
しかも、後からHさんやTさんも合流するから楽しくなるのは間違いない。
きっと、いつものメンバーも来るだろうしね(笑)

鮮やかな青い空を眺めながらお喋りしていると…
遠くの方で海面がザワついてんな。

あっ…何か飛んだ。

単発だったから、ボラかと思ったけど、違うんだよ。
ボラのあのダサいジャンプと違う。
頭から飛び出て、そのまま胴体から落ちるあのボラのダサいジャンプとは違うんだよ。

細くてアスリート体系のヤツが、バシャっと飛び出て、長い滞空時間の後にジュボッと頭からカッコ良く海に戻っていく姿を見たボクら。

視野を広範囲に切り替えて観察していると、遠くに鳥山が出来ている。
アレは間違いなくフィッシュイーターだ。

ボク以外の3人はすぐさまレンジバイブやメタルジグをセットしたタックルを用意して、臨戦態勢に入る。

…ボクですか?
そりゃあ、全力で応援ですよ。
全力で。
(ボクの分まで頑張って釣るんだぞー)

この辺の詳細は、恐らくDくんのブログ「学生の房総釣り日記。」に書かれるはず。
※決して怠けている訳ではありません

そんな感じで、デイアジングどころでは有りませんでした。
でも、こんな事って滅多にないからね。

豆アジのオンパレード

さて、素敵なお土産をゲットしてもらったもんだから、満足度はすでに70%に達している。
自分で釣ったワケじゃ無いのにね(^^;)

あとは楽しくアジが釣れたら良いんだよ。

DSC_0385

DSC_0386

おかしいな。
ちっちゃいぞ。

DSC_0390

暗くなってもサイズが上がらない。
15センチ前後だから全部リリース。

しかも大して数が出ない。
「このまま豆しか釣れないかもしれないぞ?キープしなくて良いのか?」
豆を釣る度にそんな不安が頭をよぎる。

「南蛮漬けにしちゃえよ」

そんな誘惑を必死に振り払い豆アジをリリースするが、リリース直後にヘチで待ちかまえているシーバスに喰われる始末(ノД`)

予想通りいつものメンバーが揃い、TさんやHさんも合流しても状況は変わらなかった。
海面がギラギラしてるから、一時はアジングそっちのけでみんなタチウオを狙ってたし。

30分に1度のチャンス

DSC_0392

重量感のあるそれなりのサイズがやっと釣れたのは21時半頃。
やっと群れが入ってきたと思っても、続くのは良くて2連チャンくらいで、それが終わると30分くらいはみんな無反応という面白い展開になった。
だからチャンスを逃すと1時間はノーバイトという罰ゲーム。

これ、たくさん人が居るから釣れるタイミングやポイントがわかるけど、1人だったらかなり難易度が高いと思う。
最近、一人ぼっちの釣行が無いから、そういうスキルはガタ落ちしてるんだろうな。
最近は他人任せの怠け者アジングなので…。

でも、こんな「少しのチャンスを拾っていく」って言うのが個人的には楽しめる。
Tさんも隣で、
「誰でも爆釣よりこれくらいの方が楽しいわ」
と言いながら鬼合わせしてた。

DSC_0393

DSC_0396

DSC_0397

楽しみ方は人それぞれ

DSC_0399

今回はキャスト毎に潮流の向きがが変わったり、激流になったり、面白かった。
結果的には、後半は良型が揃ってサイズも引きも楽しめたし。

釣りという趣味、アジングの楽しみ方、ロッドビルドの考え方、人によって信念も好みも楽しみ方も違うのが当然なので、色んな人から刺激をもらいながらマイペースで自分の楽しみを追求していこうと思いました。

自分の考えが全てじゃないし、正解でもなければ不正解でもない。
だから楽しいんだよ。

Point Blur_20181126_212018

パーツが届いたらのんびりとはじめます。
寒くなってきたので、防寒対策と硬化不良に注意して、寒い冬も楽しみましょう(^_^)ノ
それでは、素敵なFishing Lifeを!