DSC_0196

LGS5917のリビルドロッドが組み上がり、あとはネームを入れるだけ。
久々にアジングが出来るので、ものすごく楽しみにしていたけど予報は強風予報…。
風予報はいつもGPV気象予報で確認してるんだけど、弱まる気配はなく風との戦いになりそうだ。
7~8mか…

今回はTさんが先に行っていて、後から合流。
釣り場に着いてみると、予想以上に風が強い…
しかも、海にはウサギさんがたくさん跳ねててうねりも大きく、足場が高いはずの堤防なのに海面が近い。

とりあえず、久々の海なのは嬉しいけどコレは苦戦しそうだな。
早速リビルドしたLGS5917でキャストを始める。
久々にこのロッドを使ったけど、バットが太いせいか何だかがっちりしていて安心感が有る。

風は左から右への爆風。
潮は右から左に早めに動いている。

1.5gのタングステンジグヘッドでもかなり厳しいじゃないか。
風は弱まらないだろうから、潮の流れが変わらないとやりにくいな。

追い風になる場所に移動してフルキャスト。
ティップを目一杯海面に近づけてリグを沈める。
糸フケを取って最初のアクションで「コッ」とバイトがあったけど空振り。
再度沈めた後のアクション後に気持ちの良いバイト…

DSC_0198

掛けた後に抵抗しないからわかってたよ。
でも、久々に魚からの反応を得られて少しホッとした。

もう一匹赤いヤツを追加したところで最初のポイントに戻ってみる。
アジが釣りたい。

上げ潮で満潮まであと1時間もあるのに海面が近い。
うねりで時折堤防に波がかかっている場所が出てきている。
今までも風が強い時はたくさん有ったけど、この堤防でこんなにうねりが大きいのは見たことが無い。

「何か酷い感じだな」
波が這い上がってこないか気にしながらキャストをしてみると、潮の流れが変わってる!
風と同じ向きに流れてるからリグの操作がやりやすい。
アクションするたびにリグが浮くから、都度ティップを下げて沈め直す。
「チッ」
風なんだか波なんだか解らんけど、とりあえずアワせてやれ!
んっ?乗ったけど首振らないで重いだけだ…またカサゴか?

DSC_0199

アジだった!
マメだけど…

こんな状況だけど居るなら嬉しい。
続けてキャスとしてカウントしていると、ラインが持って行かれる…
こんな強風の中でもTさんのすぐ隣で仲良くやってたから、Tさんのラインに絡んじゃったか…
「Tさんごめんなさい、絡んじゃった」
Tさん
「??…絡んでないっすよ?」

急いで巻き上げていくと、海面にアジが見えた…でも、案の定抜き上げ前にポチャリ。
何か面白みが無い。
全部風のせいだ。

潮位が上がってきてて、波を気にしながらキャストするのも嫌なので、潮が下がるまで風除けになるところで少し仮眠でもしようと思って横になる。
うとうとし始めた頃に、「ドンッ!!」と聞いたことがない音に飛び起きると…
堤防を越えた海水がこっちに向かって流れてきている。

急いでTさんを起こして何とか濡れずに済んだけど、これはダメだ。
風もさっきより強くなってきてるし…TさんとHさんと会議を行い、夜通しは止めて引き上げることにした。

次回釣行までまた間が空くけど、ここまで酷いコンディションで続ける意味もない。
楽しむための趣味でやってるんだから。

ハゼ釣りでも楽しみながら、次回のアジングを楽しみに待つことにしよう。
次はコンディションに恵まれますように。

それでは、素敵なFishing Lifeを!