20170702_001405

しばらくの間、出番が無くロッドスタンドに立て掛かったままだったLGS5917。
※今はLG5917になってるのかな?
ボクが初めてロッドビルドを始めた時に買ったブランクで、今回は4回目のリビルドになります。
思い入れのあるブランク。
上の写真は3回目のリビルド時のデザインで、記事はこちら。
【アジングロッド】マグナムクラフトLGS5917リビルドロッド完成【ロッドビルド】

良く言えば万能で、悪く言えば面白味のない味付けに感じていたので、最近のお気に入りであるDPSスケルトンショートエンド仕様に変更。

今回のビジュアルテーマは、前回候補にあげていた1つのデルタプラス。
またガンダムネタです。
バンシィと同じくリディ・マーセナス少尉の搭乗していたモビルスーツだけど、別にリディ少尉が好きな訳じゃないよ?
リディ少尉が乗っていたモビルスーツが好きなだけなんだ。
百式が好きだったら、デルタプラスが嫌いなはずがない。
百式のような派手さはないけど、暗めの渋いカラーが逆に良いところでもある。
ユニコーンのビームマグナムを借りて撃っただけで、右肩が損傷する強度的不安はあるけど…。

でも、リディ少尉の顔芸人間くさいところは、実は好きなんだな。
ガンダムネタだと話が逸れてしまうので、ロッドを紹介します。

マグナムクラフトLGS5917リビルドロッドのスペック

  • ブランク:マグナムクラフトLGS5917
  • ティップ:チタンティップ17cm(埋め込み除く)
  • リールシート:ショートエンド一体型DPSスケルトン
  • レングス:5.2フィート
  • ウェイト:39.6g
  • ガイド数:8ガイド
30tと40tの07カーボンをコンポジット(組み合わせる)しているブランク。
パッツン好きにはお勧めできない、個人的には「バットから曲がる柔らかめ」のロッド。
使いすぎてヘタってるからかもしれん。
「作り方次第」と言えば全てそうなってしまうんだけど、反響、操作、掛けてからの楽しみ全てがそれなりに楽しめるバランス型万能ブランク。
ただし、飛び抜けて何かに特化した楽しさは見当たらない。

↑こういう感覚って、人によって好みも経験も違う上でのインプレだから、正直あてにならないなぁと感じているので、人によって違うモノだと思ってください。
パッツンとか、反響感度とか操作感度も、「何を基準にして」優れているとか劣っていると言っているのだろうか?が重要です。
所詮は「今までの自分の経験」が基準になることが多いだろうから、「自分が使ってみなけりゃわかんない」って言うのがホントのところだと思う。
ちなみに、ボクの基準はこのLGS5917のこのスペックが基準なので、昔から有効レングスやチタンの長さは変えてません。
このブランクを基準にして、自分好みを求めています。

だから他人の好みに合わせたロッドを作るのは猛烈に難易度が高いんですよ(*_*)

ビジュアル

グレーと紺を基調にしたカラーでシブく行く予定だったんです。
ネームを入れるまではそこそこイメージ通りだったんだけど…

DSC_0195

ネームを入れると、白文字が多いせいか、とてもポップな感じになってしまいました…
グレーの文字だったらもうちょっと落ち着いた雰囲気だったんだろうな。

DSC_0205

DSC_0206

DSC_0208

デルタプラスと言えば、ウェイブライダーへの変形が出来るモビルスーツ。
VMsAWrs(ヴァモーズ)と呼ばれる「モビルスーツとウェイブライダーへの変形機構」を搭載しているので、考えた…
変形…変形…、グリップジョイントでグリップを交換できる仕様も考えたけど、面倒くさいしこのグリップしか使わなさそうだ。
そしたらもう、パクらせてもらうしか無さそうだ。
ちょーさんの四号機で採用しているデストロイモードを、本機ではヴァモーズにしてしまおう。

DSC_0207

DSC_0209

DSC_0210

見せてもらおう。
反響感度の違いとやらを。

写真ではわかり辛いけど、グレーのフードはなかなかカッコいいですよ!
使っている人を見ないから人気が無さそうだけど…

DSC_0202

最近のデザインは、遊びに全振りしてるロッドばかり作ってる…
さて、次はX5915リビルド進めます。
それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちらをどうぞ。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。