潮の重みや変化が手に取るようにわかって、操作してるだけで楽しめるロッドを作りたい。
そんな想いで組んできたロッドにネームを入れ、やっと完成。

柔らかいブランクにロングチタンと、これでもかと言うくらい極端に操作感度を追求したロッドだけに、反響感度の低下が凄く不安だった。
初回のテストでは捉えられない反響感度に少しの不満が出る。
外房でのテストでは小さい違和感が伝わりやすいメリットを感じると共に、足場の高さによる反響感度の違いに気付く。
2度目の横浜アジングでは「足場の高さ=ロッドとラインの角度」調整による反響感度の出方の違いを見いだした事により、チタンの長さを変えることなく当初のセッティングで完成形とする事に決めた。

「コン」という明確なバイトがわかる楽しさも良いけれど、「カスッ」っていうほんの僅かな違和感を感じやすく、そこで鬼アワセしたときにロッドにぎゅーんと重みが乗ったあの瞬間の「掛けた感」が最高に気持ちいい。

テンションが掛かっている状態がわかりやすいから、フッとテンションが抜ける「抜けアタリ」もわかりやすい。
食い上げたときのテンション抜けが手に取るようにわかるから、そこでも自信を持って鬼アワセが出来る。

素早いシャキシャキとした動のロッドアクションは苦手だけど、流れている潮に乗せながらアジの居るレンジを探していく静のアジングを最高に楽しませてくれるロッドが出来て満足じゃ。

あくまでも自分の人間感度とアジングスキルの中での話ね。
他の人が使ったらクソロッド認定される可能性は大いにある(笑)

ロッドネーム

潮楽 Tide fun(ちょうらく

20171121_120704

潮を感じ、楽しむためのロッドという意味で命名しました。
気付いている方も居るかもしれませんが、某メーカーのロッドネームに似せてパクってます(゚o゚;
個人的にはあのロッドは個性的で凄く好きです。
バランスを無視してるところとか(笑)
和風デザインに拘って重かったりするけど、ビルドしてなかったら間違いなく買って使ってるでしょう。

レングス

5フィート5インチ
チタンソリッドティップ19cm(埋め込み部7mm除く)

チタン径は0.7~1.2を使用。
個人的には、ティップ先径が0.6mm以下の反響感度が好みじゃないため、先径はそのまま。
途中のテーパーはベントカーブを見ながら少し弄ってますが、細かい計測はしてません。
適当な性格だから…

ガイドセッティング

T2-LFTT3-0.7
T2-KTTG3
T2-KTTG3
T2-KTTG3
T2-KTTG4
T2-KTTG6
T2-KTTG8
T-ATTG16

自分の中での基本のセッティングの8ガイド。
軽量化とか考えるともっと詰められるんだけど、何だかこれが落ち着くんだよね。
ただ、このあと作った釣友ロッドのセッティングが特に支障が無かったから、今後はそっちになるかも…?!
在庫の関係でバットガイドだけT2(ガンメタ)じゃないけど、全然気にならない。

20171121_121155

20171121_121111

20171121_162006

20171121_120908

20171121_120903

20171121_120838

リールシート

オリジナルDPS Customの、カーボンロービング仕様。
ロービング部にはネームを入れずにシンプルに。

20171121_120732

20171121_120632

20171121_120644


20171121_162643

使い慣れたから、この形が握ってて落ち着く。

エンド

今回初の試みとなった超ショートエンド。
使ってみるとあら不思議、凄く一体感があって馴染むじゃないか!
このドングリ形状は良いね。

シーバス掛けたりと、大物が掛かって長時間のバトルになると正直疲れる。
エンドを腕で支えて耐えたり休ませたり出来ないからね…
でも、尺未満のアジなら何の問題もない。
ただ単に、まだコイツで尺以上釣ってないからわからんのです(ノД`)

20171121_120616

ウェイト

ネームを入れたあとのロッドウェイトは38.3g。

20171121_130655

若干の先重り感はあるけど、あくまでも他の自作ロッドと比較した場合なのと、エンドを手首で固定したら先重り感なんて感じない。
5フィート5インチでこの重さなら個人的には何の問題もない。

総評

20171121_122315

カラーは、最軽量を目指すため17ソアレ 500Sに合わせて金黒に。
初めてこのロッドを見た人は、「なんだこの変なロッドは!」って思うかも…
それくらいエンドの短さが特徴的。

最初振ってみたら
「柔らけー!ビロンビロンじゃん」

投げてみたら
「?!すげー飛ぶ?!」

ボトムまで落としてライン張ってみたら
「何?!このリグの存在感(笑)、しかもドングリエンド、しっくりくるね」

アジからのバイトも
「色んな意味で違和感がわかりやすいわ!」

そして、アジを掛けたら
「超曲がって楽しいーっ!でも粘るとこで粘ってくれるね」

って感じで、静のアジングが更に楽しくなってしまいました。
超お気に入りです。
しばらくはコレしか使わなそう。
外房でもコレ使ってそう。

この操作感度超特化型ロッドはシャローでもディープでも、リグの存在感が分かり易くて違和感も感じ取りやすい。
初心者にはすごく良いかも!

中途半端じゃ無く、何事も極端にやってみることで新たな発見が出来るのかなぁと思った。
しばらくは自分のロッドビルドはお休みするかもしれないけど、次作りたくなるとしたら、今のところは同じブランクのX5915かなぁと思ってる。
チタン短めにして、ガイド数減らして。

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。

それでは、素敵なFishing Lifeを!