某携帯ショップ店員の頭の中

頭の中がアジングの事でいっぱいの人が見るブログ。

「小難しい事は考えずにアジングとロッドビルドを楽しむ」が基本。
アジングを楽しむためにロッドビルドをして、
ロッドビルドを楽しむためにアジングをする。

楽しみ方は人それぞれ。
こんな楽しみ方も有るんだと思ってのぞいてみてください。

最近は好不調の波が激しいらしい。釣れない日はボーズもあるとか。ただ、Tさんは行くたびに釣ってるんだ。前回Tさんと一緒に行ったときも釣れたし。そして、今回はTさんも釣友もHさんも一緒。それだけでも楽しみだから、みんなでワイワイできればいいや。あっ、あと今回はロ ...

前回の記事アップから約2ヶ月。そして、前回の釣行から約5ヶ月。ご無沙汰しております。ボクは釣りに行かなくても普通に生活できる人間でした(^_^)b緊急事態宣言とか爆風とか大雨とか、例年のこの時期とは異なる環境で、なかなか休みと天気と状況がマッチしなかった。依頼品 ...

この記事でも紹介しているとおり、もはや定番となったタングステンジクヘッドの自作。早い人はとっくに気付いていたと思うけど、実は新しいサイズ(重さ)が追加されていました。アジングをする地域や場所の特性によって大きく変わってくると思うけど、一般的に使う頻度が多い ...

DPSのフードスクリュー部の種類は、SDフードとKNフードの2種類。上の写真はKNフードで、ボクは基本的にKNフードしか使わない。理由は、デザイン的な好みの問題。KNフードは装飾自由度が高いから、自分の好みのデザインに寄せることができる。そのデザインを考える上で、天秤 ...

DPSリールシートのフード部です。今回は、この金属部を剥がして軽量フードを作る方法。以前にも紹介した事があるけど、当時のボクはSEOとか全く意識せずにブログを書いていたので、どこの記事に書いてあるのか探すのが面倒。この自粛期間中にロッドビルドを始める人も増えた ...

ボクがロッドビルドをはじめた頃のアジングロッドのリールシートは、このIPSリールシートが一般的でした。グリップが手のひらに馴染んで、親指の付け根(母子球)でバイトを感じやすいグリップ。今でもこのIPSリールシート信者は多い。気にしない人は気にしないけど、デメリ ...

この依頼品アジングロッドの制作から約1年。チタン部のガイドが回るようになってしまったので、修理の依頼がきました。このロッドは、チタン部のガイドをカーボンブレードホースで巻いて取り付けていたので、スレッドで巻くのと違って圧が弱かったのかな…。自作ロッドでチ ...

とりあえず当面の目標は、カーボン樹脂グリップを採用したリールシートを2個作ること。アップロックとダウンロックで1個ずつ。時間はたっぷり有るので、焦らずのんびりとやっていくつもりです。今回は、前回作成したカーボン樹脂グリップに合わせるKNフードのカスタム。とい ...

やっと納得のいくビジュアルになりました。前回の記事からほぼ毎日、試行錯誤を繰り返してやっとです。どんだけ暇人なんだと言う話は置いておいて…(ノД`)色々とコツを掴んだので、もし同じものを作ることになったら3分の1くらいの時間で作れそう。ということで、完成までの ...

リールシートのグリップ部に使われる代表的なものはEVAとコルク。「滑り止めと反響感度の良いとこ取りをした結果、そうなったんでしょ。各メーカーがそうやってるんだから間違いない。」で、終わらせちゃったらそこでおしまい。素材や時間的なコストの関係でその2択なのかも ...

↑このページのトップヘ